研究•統計 - Japanese

Neuro Leap

Special Power for Special Children

研究•統計

 

 

 

医学研究の課題取り組みについて

 

医学的な知識がなければ正しい企業理念を持つことはできません。

 

医学研究とは病気や疾患の治療のための研究です。医学研究は歴史を通じて人類にとって重要な研究であり続けました。特に1953年のDNA構造の発見に始まる分子生物学を基にした近代医科学が発達したここ50年では最も重要な人間の活動の1つです。

 

上記の写真の頭文字について。

 

医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(GCP = Good Clinical Practice)

治験審査委員会(IRB = Institutional Review Board)

独立倫理委員会(IEC = Independent Ethics Committee)

 

臨床試験には多くの解決すべき課題があり、私たちは次のような課題に取り組んでいます。

 

・臨床診療の時間的、財政的負担:事前にプランを立て、優秀な学生の活用し、最も効率のいいプロセスの構築します。

・専門家の不足:主治医−副主治医の採用に十分な時間をかけ、また面接に時間をかけて経験豊富な専門家を探し出します。

・規則の複雑化:複数の情報源を参照し臨床試験の禁止事項を明確にします。

・契約の複雑化:複数の法的アドバイスを探し契約をできるかぎり明確にします。

・カルテ作成、保険会社に提出する資料の作成、高品位なデータ記録、診療に要した時間などのデータ収集上の課題:データ収集上の課題を軽減する方法を立案、実施します。弊社製品はこれらの問題を軽減するものであり、それが弊社のアドバンテージです。

アメリカにおける市場規模(2014年時点でのアメリカの人口は約3億1700万人で下記統計よりも増加しています):

アメリカの人口3億1300万人(当時)の27%が3歳から12歳の子供でおよそ8451万人です。その子供のうち次の疾患を持っている人の割合は以下の通りです。

 

脳性麻痺の子供の割合:28万人(0.33%)

自閉症の子供の割合: 356万人(4.2%)

ADHDの子供の割合:845万人(10%)

読書障害・学習障害の子供の割合:1690万人(20%)

言語障害の子供の割合:460万人(5.5%)

ダウン症の子供の割合:12万3千人(0.145%)

脳卒中の成人の数:580万人

 

潜在的な顧客層は3400万人の子供と580万人の成人で、この数は増加傾向にあります。

 

*U.S. Census Bureau's end-of-2012 estimate

**NINDS, National Institute of Neurological Disorders and Stroke

***Centers for Disease Control and Prevention

****Dr. Lara Akinbami, a medical officer at the CDC’s National Center for Health Statistics

*****NAEP, National Assessment of Educational Progress

早期治療が重要な理由

アメリカ国立精神衛生研究所 (NIMH)が出資しているJournal of Pediatricsに掲載された『自閉症の幼児に最も効果的な早期治療』によると、IQ、コミュニケーション、社会的相互作用の三項目において大幅な向上がみられたとの報告があります(2009年11月29日)。

 

またアメリカ国立障害児広報センター(NICHCY)によると「障害を持った子供達の発育上、教育上の結果を向上させるために重要な点は有効な訓練を早い段階で実施するためのサービスがすべての家庭や政府機関で提供されていることである」としています。

 

早期治療は全ての基礎的技能および患者が生後あるいは罹患後数年で新しく獲得する次のような技能を対象にしています。

・身体的技能(手を伸ばす・物を回転させる・赤ん坊のはいはい・歩行)

・認知的技能(思考する・学習する・問題を解決する)

・コミュニケーション技能(会話する・話を聞く・話を理解する)

・社会的・感情的技能(遊ぶ・安堵や幸福感を感じる)

・自助的技能(食事をする・衣服を着る)

 

なぜ五感を用いるのか

ヘレン・マウントやジュディス・カヴェの研究によると「五感を使う環境は学習困難の程度が重篤な若い人の潜在能力を探求する」としています。

 

なぜタンジブル(触れて知覚できる)インタフェースを用いるのか

Ishii Hiroshi(2007)” Jabberstamp: embedding sound and voice in traditional drawings” IDC '07 Proceedings of the 6th international conference on Interaction design and children

Pages 137-144

 

註:タンジブルユーザインタフェースやタンジブル・ビットはマサチューセッツ工科大学(MIT)の石井裕教授が提唱する手に触れて操作できるインタフェースです。

 

 

 

左図の出典は以下の通りです。

・病院とその他の医療供給者に関するデータはAmerican Hospital Associationから提供されたものです。

・ここに記載された学校は単独の小学校および小中一貫校が含まれます。

・英語を公用語とするイギリス・アメリカ・カナダの学校は推定168,000校あります。

・スウェーデンの学校数は4200校あり,人口に対する比率はイギリス・アメリカ・カナダと同程度です。

 

WIN3システムに関する参考資料&お客様の声

サンカルロス、カリフォルニア州、米国での経験豊富な児童心理学者ジェニファー

 

 

「私は自分の仕事について最も困難なことは、それが総合的な評価を完了するのにかかると、特定のより複雑な場合は、障害者の決定に時間的要素であると言うでしょう。存在する症状の多くは、さまざまな障害に見られるが、それは症状やそれが本当の障害であるかを決定助ける存在しない症状のクラスタです。そこ併存疾患でもある(症状が重複する)してから、プライマリの障害を判断するためにトリッキー得ることができます。」

 

Neuro-pediatric Prof. Hans Forsberg of Astrid Lindgren Child Hospital (Karolinska), Solna, Sweden

"...for me is interesting and could well encourage and increase the literacy and reading skills in children with various cognitive disorders. It also has the potential to stimulate and practice fine motor skills in children with moderate motor dysfunction. Upon request from Albin, I have agreed to stand as a scientific advisor when it comes to design clinical trials training for children with motor coordination disorders and also cognitive dysfunction. I have previous experience of training studies conducted by Torkel Klingberg and employees to improve working memory in children with attention deficit disorder. I am also a scientific advisor for CogMed who developed the training method used.” (translation from Swedish)

Special Education Prof. Mats Myrberg of Stockholm University, Sweden

 

"...is in my opinion, high viability for a broad group of children with reading problems .. I have at the request of Albin agreed to lead a training study with a prototype of WIN3CA for children in some of the above target groups. The study will be conducted in conjunction with the special training of teachers at Stockholm University under the supervision of myself and an associate professor Lise Roll-Pettersson. I have extensive experience working with and research on children with learning difficulties. Over the past three years I have been scientific director of another study with a computer-based program for working memory training based on research at the Karolinska Institute (Professor Torkel Klingberg and colleagues).” (translation from Swedish)

Diagnosis & Treatment Info

Diagnosis of neuropsychological conditions

Psychologists can start screening for these problems by using either one of the following techniques or all of these combined:

 

- History taking to gauge how to treat the patient and determine if there are any historical determinants for his or her behavior.

 

- Interviewing in order to determine what kind of neurological problem the patient might be experiencing.

 

- Test-taking where the scores on standardized tests is a strong predictor of future or current neuropsychological problems.

 

- Intelligence testing can give clues to whether there is a learning disability or damage to a certain area of the brain.

 

- Testing other areas to determine whether a patient’s difficulty in function and behavior has a neuropsychological basis

Examples: Sensory perception, motor functions, attention, memory, auditory and visual processing, language, problem solving, planning, organization, speed of processing

 

Types of Treatment Interventions:

Helping persons develop new strategies to assure success in school, by using for example: the balance model with hemisphere-specific stimulation that were systematically manipulated in an effort to shed light on the bases and mechanisms of reading improvement (D, Bakker’s method)

 

Often, behavioral problems are found to have at their root a learning problem, and if we can understand the nature of the learning problem, and structure the student’s subsequent learning in more successful ways, we can reduce or eliminate the behavior problem.

 

It also includes educating the individual and their family about their strengths and weaknesses, and developing awareness about the need for strategies and support.

All contents © Copyright 2014-2017 Neuro Leap Corp. All rights reserved.